ミス・ティーン・ジャパン 2014

ミスコンテスト「ミス・ユニバース・ジャパン」 の妹版、「2014 ミス・ティーン・ジャパン」 の決勝大会が行われた。

私たちが世界一の美女を目指す理由

グランプリは、愛媛県松山市の中学2年生の八百城美音さんに輝いた。小学4年から習っているというダンスで自己アピールして、応募者4072人の頂点に立ちました。

「すごくうれしいです。なんか夢みたいで、戸惑って訳が分からないです」 と感激の涙を!

押切もえさんからは、「はじける笑顔にキュンとさせられました。素晴らしい逸材。みんなに笑顔を分けてあげてください」 と祝福の言葉が贈られた。

2000年2月生まれの八百城さんは、20歳のときに東京五輪を迎えることになるそうです。

「日本の人が誰しも知っているような、モデルさんになっていられたら。水泳とかを見に行きたいですし、五輪キャスターもやってみたいと思います」 と7年後の未来を思い描いていた。

「ミス・ティーン・ジャパン」 は、13歳から17歳以下の女の子を対象にしたコンテスト。

グランプリに選出されると、テレビや雑誌への出演のほかファッションイベントなどで活躍する機会が与えられる。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。