紅白歌合戦 2013 司会

大みそかの 「第64回NHK紅白歌合戦」 の紅組司会に、大河ドラマ「八重の桜」 に主演している綾瀬はるかさん が内定しました。綾瀬さんは、初の大役となります。

2013年NHK大河ドラマ八重の桜完全読本

早くも大みそかの風物詩の顔が決まりましたね。白組は、5人組グループ 「嵐」 が、4 年連続順当に決定です。


紅組は、連続テレビ小説「あまちゃん」 でヒロインの母親役の小泉今日子さんと、“夏の紅白”と言われる今年の「思い出のメロディー」の司会に抜てきされた、次期朝ドラヒロインの杏さんらが挙がってました。

大河ヒロインとして、今年のNHKの顔とも言える活躍を見せている綾瀬さんに内定しました。

綾瀬さんは司会自体が初めてだが、バラエティー番組などでも飾らないトークで高い好感度を保ってきた。嵐とはドラマ、映画での共演はないが、嵐のレギュラー番組にゲスト出演した際にはトークを盛り上げていた。

昨年の堀北真希さん、一昨年の井上真央さんとここ2年は朝ドラヒロインが司会を務めてきた。大河ヒロインの司会は、仲間由紀恵さん以来となます。

後半の京都編に入った「八重の桜」。これまで総合テレビの平均視聴率が15.2%を記録しているが、BS枠も非公表ながら好調ということです。

劇中で挿入歌「潮騒のメモリー」を歌った小泉さん。ヒットしたことで歌手としての出場が期待されるが、現時点では出場の見込みは低いといってます。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。