エクラ エクラプレミアム

安田成美さん が、女性誌「エクラ」 で新連載をスタートした。創刊6周年記念号で、中村勘九郎さんも新連載をスタートした。

エクラは、40代後半から50代前半の女性を中心とするファッションとライフスタイルの月刊誌。同誌の、通販企画「エクラプレミアム」 の売り上げは6億円を達成。


安田成美コレクション

安田さんは、ハンドメードのハンモックについてつづり、勘九郎さんは 「あれから」 と題して2人の息子や父の故・中村勘三郎さんについて語っている。

安田さんの連載は 「私に “元気” をくれるモノ」 と題し、安田さんが日々の暮らしでリフレッシュできたり、エネルギーをくれたりするものについて紹介する。

毎号、巻頭1ページで掲載。勘九郎さんの連載「夢がたり」 は、勘九郎さんが歌舞伎、芸、家族のことを語り、撮り下ろし写真も掲載される。

初回は、5月に誕生した次男・哲之君とのプライベートショットも掲載している。隔月、4ページで掲載。6周年記念号は、部数を前号比133%で発行。

エクラプレミアムの期間限定ショップを伊勢丹新宿本店にオープンし、スタイリスト地曳いく子さんのトークイベントを開催する。


あの花 泣ける

アニメーション映画「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 の来場者に、先着10万人限定で「泣いてもいいんだよボックスティッシュ」 がプレゼントされる。

TVアニメ放映時から大人が泣けるアニメとして評判だったといい、8月に行われた 「劇場版 あの花」 一般試写会アンケートで全体の92%が 「泣いた!」。


あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

全体の90%が 「アニメを観ない人におすすめ」 と回答し、事前に実施されていたマスコミ向けの試写会でも会場内からすすり泣きの声が聞こえてくる。

感涙間違いなしの仕上がりと言われており、今回のプレゼントが決定。ティッシュボックスには、底面にキャラクターデザインを手がけた田中将賀による 「めんま」 のイラストが描かれている。

深夜アニメ枠 「ノイタミナ」 で放送された、全11話のTVアニメ「あの花」。子供時代のある事故をきっかけに、心を閉ざし離れてしまった仲良し6人組。

その事故で死んでしまったはずの少女が、突然現れたことから始まるひと夏の物語。

少年少女6人が抱える葛藤を見事に描いた本作は、アニメファンのみならず年齢や性別を超えた大きな感動を呼び大きな話題に。

この一大ムーブメントの集大成となる待望の劇場版は、TVアニメシリーズに続き長井龍雪監督のもと、脚本を岡田麿里氏、キャラクターデザインを田中将賀氏が担当。

制作も同じく「A-1 Pictures」が手がけている。誰もが胸の奥に秘めている、忘れていた "大切な事" を思い出させてくれる、この夏見逃せない青春ムービーの決定版。

「劇場版 あの花」 は、8月31日より公開されます。

柏木由紀 横浜アリーナ

「AKB48」 の 柏木由紀さん が、11月7日に横浜アリーナでソロライブを行う。同所でソロライブを行うのはAKB48グループ初。

柏木さんは「AKB48でのライブではできなかったことを横浜アリーナではやってみたい。今までにはない柏木由紀をみせます。当日、サプライズの演出なども考えています」 と意気込んでいる。


ショートケーキ

10月16日に自身2枚目となるソロシングル(タイトル未定) を発売することも決まった。

柏木さんがソロライブを行うのは3回目で、2012年7月13日に中野サンプラザで行った初のソロライブでは2000人、

東京国際フォーラムホールAで開催した、ソロデビューシングル「ショートケーキ」 の発売記念ライブでは5000人を動員。

横浜アリーナでは、東京国際フォーラムホールAの2倍となる1万人の動員を予定している。

柏木さんは「会場の規模だけでなく、歌だったり、演出だったり、さらにパワーアップして、今年のナンバーワンライブを目指したいと思います」 とコメントしている。

ソロライブのタイトルは「柏木由紀 3rd ソロライブ 寝ても覚めてもゆきりんワールド 〜もっと夢中にさせちゃうぞっ〜」 に決定。

10月16日発売のシングルには、同ライブのプレミアシートが抽選で2000人に当たる応募券が封入される。当選者にはライブ当日、会場でぬいぐるみ「ゆきりんだるま」がプレゼントされる。

先着購入者特典として同シングル1枚購入につき「柏木由紀ラバーチャーム」(全6種類) を一つプレゼント。
初回限定盤にはトレーディングカード(全6種類) が封入される。

ほしのあき 現在

ペニーオークション騒動の影響で、現在は表舞台から遠ざかっている ほしのあきさん。 ファッションブランド、「tink pink (ティンク ピンク)」 代表取締役・福王寺彩野さんのブログに登場した。

ほしのさんは、詐欺オークションサイト・ペニーオークションを宣伝したことで自身のブログで謝罪。改めて、謝罪文を掲載した後ブログの更新はストップ。


ほしのボディ。 “かわいい”のに“セクシー”な魅力のすべて
【送料無料】ほしのボディ。 [ ほしのあき ]

【送料無料】ほしのボディ。 [ ほしのあき ]
価格:1,470円(税込、送料込)



事実上の活動休止状態に入っていたが、SHEILAさん、夏川純さん、スザンヌさん、吉川ひなのさんなどのブログに突如頻繁に登場。

福王寺さんのブログエントリーにも、ほしのさんが “登場”。福王寺さんが全面ディレクションする新ブランド「Oui, Ayano Ruban”(ウィ,アヤノリュバン)」。

お披露目展示会の来客として、ほしのさんの名前が挙がっている。写真も掲載されているが、スレンダーなスタイルは、休止前とあまり変わった様子はないようだ。

ほしのさんの “露出” 増加は、活動再開への布石ではないかと噂。ペニーオークションの宣伝をした、ピース・綾部祐二さんや熊田曜子さんは変らず芸能活動を継続。

ほしのさんとしては、もう “禊ぎ” は済んだ、といったところだろうか。しかし、ペニオク騒動に関わった芸能人への批判は、ネット上を中心に未だ続いている。

何事もなく、復活というのは難しいかもしれない。展示会には、辻希美さんと加護亜依さんも訪れていた。2人が会場で顔を合わせたかどうかは定かでない。

スクールガールコンプレックス 映画

思春期の少年たちが抱く女子中高生への妄想を描き、写真集としては異例のヒットを記録した 「スクールガール・コンプレックス」。

映画化作品「スクールガール・コンプレックス〜放送部篇〜」 が、公開をスタート。"記号的な女子校生" をテーマにした写真で、キヤノン写真新世紀・優秀賞を受賞。


スクールガール・コンプレックス(2) 放課後

写真が、動画になる生みの親である写真家・青山裕企さん。森川葵と門脇麦がダブル主演を務め、少女たちの不器用で真っすぐな恋心を描き出した。

青山さんは、被写体となる女子校生の顔をはっきりと映さず、スカートからすらりと伸びる足やブラウスの隙間からちらりと見える素肌などにフォーカス。

少年のうしろめたいような感覚を表現。その写真集の世界観はそのままに、女子高の放送部を舞台に繰り広げられる青春ガールズムービー。

試写室で見終わった時のことを 「僕にしか分からない衝撃がありました」 と振り返る。

写真集と映画では、制作手法が全く異なることから、映像を見るまでは当然想像できるはずもない。互いの "シンクロ" は予想以上だったという。

青山さんは「これだけ原作と映画がどちらに寄りかかることなく、肩を組みながら進んでいったパターンもめずらしいのでは」 と冷静に分析。

「関わる皆さんが作品を深く理解して頂いた上で、取り組んで頂いたからだと思います」 と監督をはじめ、スタッフが作品と誠実に向き合っていたことが良い結果へと結びついたのではと予測する。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。